Outlook 2016 (Office365クイック実行形式)アカウント設定

Outlook 2016 (Office365クイック実行形式) アカウント設定方法

Office365の『Outlook 2016(クイック実行形式)』は従来の『Outlook』と設定方法が異なります。
お使いのOutlookが『クイック実行形式』か従来の『Windowsインストーラー形式』を見分ける方法は下記ページをご確認ください。

クイック実行形式 (C2R) と Windows インストーラー形式 (MSI) を見分ける方法

STEP 1 クイック実行版 Outlook 2016を起動

クイック実行版 Outlook 2016を起動します。

アカウント追加のウィザードが開きますので、追加したいメールアドレスを入力し、
『詳細オプション』をクリックします。
次に『自分で自分のアカウントを手動で設定』にチェックを入れてから
『接続』をクリックしてください。

接続方式に進みますので『POP』を選択してください。

『IMAP接続』は受信後もメールサーバにメールがたまり続けるため、
容量オーバーで受信できなくなるケースが多く発生しています。
必ず『POP接続』をご利用おねがいします。

パスワード入力画面に進みますので、メールアカウントのパスワードを入力してください。

下記のような『対象のプリンシパル名が間違っています。』とエラーが出ますが、
『はい』をクリックして進めてください。

『準備しています』と表示されますので、しばらくお待ち下さい。

STEP 2 設定を完了させる。

『アカウントが正常に追加されました』の画面が表示されます。
『Outlook Mobileをスマートフォンにも設定する』のチェックは外してください。
次に『完了』して画面を閉じます。
※設定はまだ続きますのでご注意ください。

STEP 3 コントロールパネルの起動

次にWindowsの『コントロールパネル』を起動します。

デスクトップに戻り、画面左下のタスクバーの検索窓に『コントロールパネル』と入力します。
最も一致する検索結果に『コントロールパネル』が表示されますのでクリックします。

『コントロールパネル』が開きます。

画面右上の『表示方法』から『大きいアイコン』を選択します。
次に『Mail(Microsoft Outlook 2016)』がありますのでクリックしてください。

『メール設定』画面が開きますので『電子メールアカウント(E)』クリックしてください。

先程設定した『アカウント名』が表示されますので、ダブルクリックして詳細画面を開きます。

STEP 4 メールの詳細設定

メールアカウントの詳細設定画面が開きますので画像を参考に入力内容を確認してください。

[ example.com ] の箇所はご利用のドメイン名です。

名前 任意の文字列
※ ここで入力した名前がメールの送信先にあなたの名前として表示されます。
電子メールアドレス メールアドレスを入力します。
アカウントの種類 POP3
受信メール サーバ [ mail.example.com ] と入力します。
送信メール サーバ(SMTP) [ mail.example.com ] と入力します。
アカウント名 メールアドレスを入力します。
パスワード メールパスワードを半角で入力します。

入力内容の確認ができたら、右下にあるの『詳細設定…』をクリックします。

STEP 5 送受信サーバ設定の変更

『インターネット電子メール設定』の『詳細設定』タブを選択し、画像のように設定します。

・『このサーバでは暗号化された接続が必要』のチェックを外す
・『送信サーバ(SMTP)』ポート番号を『587』に設定
・使用する暗号化接続の種類を『なし』に変更

すべて完了したら『OK』を押して画面を閉じます。

STEP 6アカウント設定のテスト

最後にアカウントのテストを実行して完了です。
『次へ』をクリックします。

エラーなどが発生しなければ、『閉じる』をクリックします。
以上で設定は完了です。