Outlook 2016 アカウント設定

Outlook 2016 新規アカウント設定方法

『IMAP接続』は受信後もメールサーバにメールがたまり続けるため、
容量オーバーで受信できなくなるケースが多く発生しています。
必ず『POP接続』をご利用おねがいします。

STEP 1 Outlook 2016を起動

Outlook 2016を起動します。

STEP 2 メールアカウント設定画面の表示

『Outlookへようこそ』、もしくは『Outlook 2016へようこそ』画面が表示されます。

・『Outlookへようこそ』画面が表示された場合はこちら
・『Outlook 2016へようこそ』画面が表示された場合はこちら

『ようこそ画面』が表示されない場合は、
『ファイル』から『アカウントの追加』をクリックします。
『スタートアップ』が表示する場合は『次へ』をクリックします。

STEP 3 電子メールアカウントの基本設定

電子メール アカウント追加 画面で『はい』にチェックをいれ、 『次へ』をクリックします。

自動アカウント セットアップ 画面で
『自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする(手動設定)』にチェックをいれ、
『次へ』をクリックします。

サービスの選択 画面で『POP』にチェックを入れ、 『次へ』をクリックします。

『IMAP接続』は受信後もメールサーバにメールがたまり続けるため、
容量オーバーで受信できなくなるケースが多く発生しています。
必ず『POP接続』をご利用おねがいします。

『インターネット電子メールの設定 』画面で以下の項目を設定します。

[ example.com ] の箇所はご利用のドメイン名です。

名前 任意の文字列
※ ここで入力した名前がメールの送信先にあなたの名前として表示されます。
電子メールアドレス メールアドレスを入力します。
アカウントの種類 POP3
受信メール サーバ [ mail.example.com ] と入力します。
送信メール サーバ(SMTP) [ mail.example.com ] と入力します。
アカウント名 メールアドレスを入力します。
パスワード メールパスワードを半角で入力します。

STEP 4 電子メールアカウントの詳細設定

『詳細設定…』をクリックします。

2『送信サーバー』タブを選択し、SMTP認証を有効にするため
『送信サーバ(SMTP)は認証が必要』にチェックします。

『送信サーバー』タブを選択し、SMTP認証を有効にするため 『送信サーバ(SMTP)は認証が必要』にチェックします。

STEP 5アカウント設定のテスト

『次へ』をクリックします。

エラーなどが発生しなければ、『閉じる』をクリックします。

すべて完了しましたと表示されたら『完了』をクリックします。

メールをサーバに残さない設定はこちらをご確認下さい。

『Outlookへようこそ』が表示された場合

1. メールアドレスを入力します
2. 『詳細オプション』クリック
3. 『自分で自分のアカウントを手動で設定』にチェックを入れます。
4. 『接続』をクリック

準備画面が表示されますので、お待ちください。

『アカウントの種類を選択』が表示されますので、『POP』をクリックします。

『POP アカウントの設定』が表示されます。
以下の項目を設定し、『接続(または)次へ』をクリックします。

受信メール
サーバー mail.example.com
[ example.com ] の箇所はご利用のドメイン名です。
ポート 110
このサーバーでは暗号化された接続(SSL/TLS)が必要 チェックしない
セキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)でのログオンが必要 チェックしない
送信メール
サーバー mail.example.com
[ example.com ] の箇所はご利用のドメイン名です。
ポート 587
暗号化方法 なし
セキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)でのログオンが必要 チェックしない

パスワードを入力画面が表示されますので、メールパスワードを半角で入力します。

完了画面が表示されます。
『Outlook Mobile をスマートフォンにも設定する』のチェックを外してから、『OK』をクリックします。

以上で完了です。